東京・品川区の審美歯科・ホワイトニング治療専門のセンターです。

美しくなった口元

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウン

人工ダイヤとしても有名なジルコニアをブロックから削りだし、さらにその上にセラミックを築盛し製作します。金属を一切使わないのでより自然な色調が再現できます。また、永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで、天然歯の様な美しさを保ち、強度的にも最高のかぶせものです。
【治療例1】
犬歯を抜いて、左右1番目・2番目・4番目の歯を被せて治療したケースです。 とても端整なイメージになりました。
【治療例2】
金属を一切使用していないので裏側も歯と同じ透明感のある白い色をしています。

このページの先頭へ

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

通常金属で補強するコーピング(内側)部分を強化セラミックで製作し、さらにその上にセラミックを築盛し製作します。
金属を一切使わないのでより自然な色調が再現できます。また、永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで、天然歯の様な美しさを保ちます。
【治療例1】
右側の1番目の歯と2番目の歯をオールセラミッククラウンで治療したケースです。 天然歯のような透明感を取り戻し、歯ぐきの色まで改善しています。
【治療例2】
左右の1番目の歯と2番目の歯をオールセラミッククラウンで治療したケースです。 虫歯と詰め物の変色によってまだらになってしまった色合いが、白く綺麗に快復しています。
【治療例3】
右下の奥歯2本をオールセラミッククラウンで治療したケース。下の歯は笑う際に見えるところなので、白い歯がお勧めです。 歯軋りのある方や、かみ合わせの力が非常に強い方には適さないこともあります。

このページの先頭へ

メタルボンド(プレシャス)

メタルボンド(プレシャス)

コーピング(内側)部分をゴールド系金属で製作し、その上からセラミックを焼き付けます。金属部分が純金に近い のでフィット(適合)に優れ、支台歯(土台)との境目から2次カリエス(虫歯)の心配も少ないです。また、歯茎との境目は、セラミックで仕上げますので歯茎の黒ずみも出にくく明るく仕上がります。
【治療例1】
右上の前から3本と左上の前から2本をメタルボンドで治療したケースです。 虫歯も無くなり、色や形、歯の並びもきれいに仕上がりました。
【治療例2】
上の前歯4本をメタルボンドで治療したケースです。 治療前は前歯の隙間が気になりますが、かぶせる際に少し歯の角度を内側に入れ大きめに作ることでここまできれい仕上がります。
【治療例3】
手前の2本をメタルボンドで治療したケースです。 せりだした前歯が気になる場合でも角度を内側に入れてかぶせることで口元のイメージも変わります。

このページの先頭へ

メタルボンド(セミプレシャス)

メタルボンド(セミプレシャス)

通常の保険のきかない差し歯がこれにあたり、色調、形態ともに優れています。 唾液の吸収による変色や口臭の心配もありません。内側を強固な金属で補強しますのでブリッジなどに最適です。
【治療例1】
上の左右3本(犬歯から犬歯まで)をメタルボンドで治療したケースです。歯の形や並びが改善され、まだらだった色調も自然さを取り戻しました。
【治療例2】
上の歯の6番目の歯から6番目の歯まで、 下の歯は右側の7番目の歯から左の犬歯までをメタルボンドで治療したケースです。 見た目はもちろんのこと、重要なかみ合わせもしっかり回復しています。
【治療例3】
右上の3番目の歯から左の5番目の歯までをメタルボンドで治療したケースです。 治療前は全体的に丸みをおびたイメージで歯と歯の隙間も気になりますが、治療後はシャープなイメージですっきりして見えます。歯茎の炎症も改善されました。
【治療例4】
上の歯の左右3番目の歯から3番目の歯までをメタルボンドで治療したケースです。 ある程度の前後の歯並びのずれは、矯正器具をつけなくてもセラミック治療で改善することが出来ます。

このページの先頭へ

ハイブリッドセラミッククラウン

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとプラスチックの掛け合わせた素材で製作します。色調、強度ともに保険のプラスチックに比べ優れています。内側を強固な金属で補強します。
また、PGAタイプは内側を白金+ゴールドで製作しますので明るく仕上がります。適合性に優れていますので歯との境目からの2次カリエス(虫歯)の予防と歯茎との境目も黒くなりにくいのが特徴です。
【治療例1】
上の歯の左右前から2本をハイブリッドセラミッククラウンで治療したケースです。 オールセラミックやメタルボンドと比べると、透明感では及ばないところもありますが、治療前虫歯が透けていた前歯がきれいに治りました。
【治療例2】
上の歯の左右の犬歯から犬歯までをハイブリッドセラミッククラウンで治療したケースです。 ところどころ変色した歯が、均整のとれた歯になりました。
【治療例3】
上の歯の犬歯から犬歯までをハイブリッドセラミッククラウンで治療したケースです。 治療前は先端部が灰色にくすんだ歯でしたが、形も色も並びもきれいに治りました。
【治療例4】
右下の6番目7番目の歯をハイブリッドセラミッククラウンで治療したケースです。 かみ合わせの強い方には、セラミックのかぶせ物よりもハイブリッドタイプの方が適している場合もあります。(5番目の歯はハイブリッドインレーで治療)
【治療例5】
左下の6番目の歯をハイブリッドセラミッククラウンで治療したケースです。 大きく笑った際にも天然の歯とほとんど区別はつきません。 (前後の歯はハイブリッドインレーで治療)

このページの先頭へ

保険診療の被せ物(プラスティック)

保険診療の被せ物(プラスティック)

銀歯の上に見える部分だけプラスチックを貼りつけます。金属部分が通常の保険適応の金属のため、噛む機能に問題はありませんが、歯茎の部分が黒ずむことがあります。また、プラスチック部分は、唾液を吸収しますので変色したり、擦り減ったりします。
【治療例1】
右上の1番目の歯と左上の1番目と2番目の歯を硬質レジン前装冠で治療したケースです。 表面の着色や歯茎との境目が気になります。 着色については避けられない材質です。
【治療例2】
右上の1番目2番目3番目の歯と、左上の1番目2番目の歯を硬質レジン前装冠で治療したケースです。 表面の艶や光沢、透明感はほとんど無く、 歯茎も退縮してしまっています。

このページの先頭へ

ラミネートベニア

ラミネートベニア

歯の表面をわずかに削り、セラミックを表面に貼りあわせます。歯の色調を白くしたい方、歯の形を修正したい方に最適です。かみ合わせなどの問題によりお勧めできない場合があります。
【治療例1】
上の歯の3番目の歯から3番目の歯までの6本をラミネートベニアで治療したケースです。 治療前は黄ばんだ古いレジン充填部が審美性を悪くしていますが、ラミネートベニアで治療後は一本一本の歯の色、周りの歯とのバランスもしっかりとれています。
【治療例2】
上の歯の左右の5本づつ、合計10本をラミネートベニアで治療したケースです。 治療前は歯茎のラインの不調和がありますが、治療後は左右の均整がとれています。
【治療例3】
上下の2番目の歯から2番目の歯までをラミネートベニアで治療したケースです。 歯と歯の間、それから歯茎の近くの茶色くくすんだ色調がきれいに改善されました。手前の歯の高さもそろっています。(上の歯の左右3番目の歯はメタルボンドで治療)
【治療例4】
上の歯の左右手前から4本をラミネートベニアで治療したケースです。 テトラサイクリン系の抗生物質の影響を幼児時期に受けると、灰色のまだらな歯になってしまうことがあり、虫歯と勘違いされやすいのですが、そのような場合にはラミネートベニアがお勧めです。
【治療例5】
上の歯の左右前から2本をラミネートベニアで治療したケースです。 前歯の隙間が違和感なくきれいに閉じています。

このページの先頭へ

セラミックインレー

セラミックインレー

金属を一切使わない為、自然な色調が再現できます。 また、唾液の吸収がないため永年の使用でも変色することがありません。
【治療例1】
左下の4番目から7番目までの奥歯をセラミックインレーで治療したケースです。 耐久性もあり最も美しく奥歯を修復できます。 歯ぎしりのある方はお勧めしない場合もあります。

このページの先頭へ

ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレー

セラミックとプラスチックを掛けあわせた素材で製作しますので、色調はセラミックに比べるとやや劣りますが強度的には優れています。インレーに最適の素材です。
【治療例1】
右上の4番目5番目6番目の歯と左上の7番目の歯をハイブリッドセラミックインレーで治療したケースです。 お口の中から銀歯が無くなるとイメージはだいぶ変わります。 (左上の6番目の歯はハイブリッドセラミッククラウンで治療しました)
【治療例2】
右上の五番目の歯と6番目の歯をインレーで治療したケースです。 笑った際に見える5番目の歯をハイブリッドインレーで6番目の歯を銀歯で修復しました。 このように部位によって詰め物の種類を選択していくことも可能です。

このページの先頭へ

審美歯科について詳しくはこちらからお問い合わせください