東京・品川区の審美歯科・ホワイトニング治療専門のセンターです。

ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは

ホワイトニングは、歯の表面に付着した色素だけを落とすのではなく、歯の表面を傷つけることなく歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げて白くしていくのです。
歯の表面の汚れを落とした後、ホワイトニング剤を歯の表面に塗ります。これにハロゲンライトやレーザー、プラズマライトなどを当ててこのホワイトニング剤を活性化させ、歯の中にある色素を分解していきます。
以前は、歯を白くしたいときには、歯の表面を薄く削ってセラミックを被せる方法しかありませんでしたが、ホワイトニングの技術が発達したおかげで、自分の歯を白くすることができるようになりました。
ホワイトニングの効果は、個人差がかなりあります。生まれつき歯の色が濃い人は、ホワイトニングの効果が低くなりますし、ワインや紅茶などの、歯に色がつきやすい食べ物や飲み物を好む人、タバコを吸う人などは、ホワイトニングしても、また歯に色がついてしまいます。
あまり知られていないかもしれませんが、ホワイトニングにもメンテナンスが必要です。一度白くしても、食生活によってだんだんと歯に色がついてきてしまいます。一般に、ホワイトニングをしてから半年くらい経つと、だんだんと色がつき始めます。そのまま何もメンテナンスをしないと、2年くらいで元の色に戻ってしまいます。
メンテナンスには、自宅でできるホームホワイトニングや、歯科医院での歯のクリーニング(PMTC)などがあります。定期的にケアをして、白い歯を保ってください。

ホワイトニングの注意点

ホワイトニングの注意点

ホワイトニングは、健康な方で、加齢、喫煙、飲み物や食べ物によって歯が汚れてしまったり、変色してしまった方に効果的です。

ただし、以下のような点にご注意ください。
・むし歯がある場合には、ホワイトニングができません。先にむし歯治療を終えてから、ホワイトニングをします。
・昔飲んだ薬などの化学的な原因でブルー系やグレー系に歯が変色している患者様は、色が薄くなりにくい場合があります。
・ホワイトニングと同時に審美治療を希望される場合は、ホワイトニングを先に行って、2週間以上あけて歯の色が落ち着くのを待ってから、審美治療を受けることをおすすめします。(歯の色が落ち着く前に美容治療を行ってしまうと、後々歯の色が合わなくなってしまうことがあるためです。)
・ポーセレンや合成物等の詰め物やかぶせ物に対しては、ホワイトニングの効果がありません。また、ホワイトニング以前に色合わせした詰め物やかぶせ物は、ホワイトニング後、より白くなったご自身の歯との色合わせが必要になる場合があります。
※患者様によっては、ホワイトニングをしている最中に歯が過敏になり、痛みを感じる場合があります。ホワイトニング中に施術を中断することもできますので、痛みを感じたらお知らせください。また、ホワイトニング後に痛みがある場合は痛み止め等処方いたしますので、お知らせください。

自宅で行うホームホワイトニング

自宅で行うホームホワイトニング

当クリニックでは、Vividホワイトニングシステムを導入しています。 ご自宅でお手軽にLEDを使った本格的なホワイトニングを行うことができます。
熱を発しないので、安心してご利用ください。

Theory(原理)

16個の青色LED(強力広角タイプ420nm~460nm) 可視光線を採用しており、過酸化水素水のフリーラジカルを安定的に促進させる力があるので確実にホワイトニング効果を発揮します。

LEDは熱を発しない為、歯にダメージをあたえないので長時間の使用も心配ありません。
なお180℃回転のローリングネックにより照射角度を自由に選択できるのでリラックスな姿勢でご使用頂けます。

Directions(使用方法)

附属kのリップリトラクター[開口器]を口に取り付けて、ティッシュで歯面の水分をふき取ってください。

指定のホワイトニングジェルを歯面に均等に塗りVividを照射してください。(夏場は5分、冬場は8分が目安です)
照射後は口をゆすぐか歯ブラシで軽くブラッシングして終わりです。
ハミガキ感覚で1日に2回以上行うと効果的です。

Warning(注意事項)

Vividの16個の青色LEDの光力は大変強いので決して目に向けないでください。 照射力が弱くなった場合は電池の容量が少なくなっているので電池交換をしてください。 Vividは防水能力はありませんから使用後は水分を必ずふき取って附属の携帯ポーチで保管してください。
1回につき、8~15分程度の短い照射時間で施術が完了しますので、時間も手間も要りません。
ホワイトニングの効果だけでなく、アクネ菌と呼ばれるニキビの元を破壊する効果や、毛穴を収縮させる力もあり、皮膚にも有効とされております。

敏感肌の方にも安心してお使いいただけます。
詳しくは、当クリニックにご相談ください。

このページの先頭へ

審美歯科について詳しくはこちらからお問い合わせください