東京・品川区の審美歯科・ホワイトニング治療専門のセンターです。

審美歯科

審美歯科のご案内

審美歯科のご案内

清潔感、さわやかさ、若々しさ、清々しさなど、好感度のファクターは口もとにあります。歯の治療も、悪い所だけ削って治す今までの治療から、もっと美しく見えるように治そう、という考えに変わってきています。審美歯科は、患者さん一人一人の顔と調和のとれた美しい口もとを作ります。審美歯科はクイック矯正とも呼ばれ、白く健康な歯・きれいな歯肉・美しい歯並びをつくり、あなたの笑顔をプロデュースします。

YDC審美歯科センターの特色

YDC審美歯科センターの特色

当センターでは審美歯科治療に対し、患者様のプライバシーを守り、リラックスして頂く為にカウンセリングから審美歯科診療迄、全て個室となっておりますので、安心して審美歯科治療がお受けできます。審美歯科で実現する"美しさ"には、沢山の要素が関係します。審美歯科の治療に使用する歯科用修復材のクオリティーはもちろんのこと、ドクターの"美しさ"の感覚や治療設備、リラックスできる環境も必要です。当センターでは、これまで培った審美の技術と経験を活かし、本来持つ素敵な笑顔を実現できるように、お一人お一人親身になって治療に当たっていきたいと考えております。

YDC審美歯科センター 齋藤和重のご挨拶

当センターではただ単に歯を治療するのではなく、「患者様が笑顔あふれる豊かな人生を送るための治療」を目指しております。 患者様一人一人にあった歯とお口の中の健康を考えた、いくつかの治療計画をご提案し、納得して治療を進めるインフォームド・チョイスを採用しています。 また最適な治療方法を提案させていただく為に、常に最先端の治療技術を習得し、最新の設備や機器を整え、歯科的機能回復(良く噛める)だけではなく、美しさと自然な口元にも焦点を当てた、審美歯科治療に力を入れております。 この最先端の治療技術をご提供することは私たちの使命であり、患者様を豊かで幸せにできる手助けだと思っております。 当センターのモットーは「インフォームド・チョイスと患者様をおもてなす心を大切にし、最先端の治療技術を提供することで患者様の人生が豊かになる治療を目指すこと」です。

歯並びをきれいにしたい方へ

歯の美しさに重点を置いた「歯の美容整形」とも言える治療です。お口の見栄えは、その人の顔の美しさにおいて重要な立場を占め、印象をも変えてしまいます。歯の色や形、歯並びが悪くて気になる方に最適な治療です。
【治療例1】
前方の高い位置にある犬歯(いわゆる八重歯)を抜いて、ジルコニアセラミッククラウンをかぶせて治療した場合のケースです。
左右の前から3本を角度と大きさを変えて被せることにより、前後に重なってしまった歯並びと犬歯を抜いた際の隙間もきれいに修復しています。また当然のことながら色合いも自然な色調にしています。
【治療例2】
あごの大きさに対して一本一本の歯が大きすぎたり、歯の並ぶアーチが小さい場合にはこのように前後に歯が交差してしまうことがあります。このケースでは上の歯の右側の6番目の歯から左側の6番目の歯まで、下の歯は右側の7番目の歯から左の犬歯までをメタルボンドで治療し、歯の並びはもちろんのこと歯ぐきのラインや上下のかみ合わせまで改善しています。

前歯のすき間が気になる方へ

前歯のすき間を改善します
【治療例1】
前歯の気になる隙間をラミネートベニアで治療したケースです。 上の左右2本を少し大きめのセラミックベニアを接着することで審美性を改善しています。
【治療例2】
前歯の隙間を4本メタルボンドで治療することにより改善しています。 このケースではかぶせる際に内側に角度をつけることで、前歯の前突感も解消しています。

歯の色をきれいにしたい方へ

歯の色をきれいします
【治療例1】
全体的に黄色身の強い歯ですが、このケースでは上の右側3番目の歯から左側3番目の歯までをメタルボンドで修復することで明るく白い歯を手に入れることが出来ました。
【治療例2】
左右で天然歯とかぶせ物の色の違いが出てしまっていますが、上の歯の右側3番目の歯から左側3番目の歯をメタルボンドで修復し、調和のとれた色調になりました。

歯が黄ばむ原因

歯の表面を覆っているエナメル質は白っぽい半透明色です。その下にある象牙質は黄褐色をしています。ですから健康な歯の色はつやのあるアイボリ-ホワイトということになります。しかし中には歯が黒ずんでいたり、茶色がかったり、黄ばんでいたりする人がいます。子供のころに抗生物質などをたくさん服用した場合や、歯の神経を抜いた場合、遺伝などその原因は様々です。

黄ばんだ歯に対する処方箋 白くする治療の種類

審美歯科治療では歯の黄ばみなどを白くすることができます。何度もしっかり歯の表面を磨いても、歯の黄ばみなどが改善しない人は、ご自分の歯の色と考えていいと思います。症状に応じた、ホワイトニング治療、ラミネートべニア治療やセラミック治療をおこなう事をおすすめします。

1.ホワイトニング
ホワイトニングは歯を全く削らずに、歯の表面に薬剤をつける事で白く漂白する方法です。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングあるいはその両方を併用して行います。個人差により限界があります。
»もっと詳しく

2.ラミネートベニア
「ラミネートベニア法」は、歯の表面をセラミック素材によるつけ歯(シェル)でコーティングする方法です。歯を白くするだけでなく、歯の隙間をなくしたり、少しぐらい悪い歯並びならカバーできます。
»もっと詳しく

3.ハイブリッドセラミックス
「ハイブリッドセラミックス法」は、セラミックとプラスティックを混ぜた材質で作った歯をかぶせる方法です。セラミックと比べて安価であるため治療費を抑えることができますが、長年使用していると若干水分を吸い込むため、変色し見映えがオールセラミックよりやや劣ります。
»ハイブリッドセラミックインレー »ハイブリッドクラウン

4.セラミック
「セラミックス法」は、セラミックで作った歯をかぶせる方法です。素材の一部に金属を使用する方法と金属を使用しないオールセラミック法があります。
»セラミックインレー »オールセラミッククラウン

このページの先頭へ

審美歯科について詳しくはこちらからお問い合わせください